スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットで売る力VSインターネットで売れる商品
売る力と売れる商品。


この二つがあれば、大きく稼ぐ事はできますね。

ではどちらの方がビジネスをする上で重要度の高いもの
だと思いますか?

どちらを持っていたら継続的に稼ぐ事ができますか?



売れる商品ですか?


力があっても、モノが無けりゃ意味ないですか?



ものが売れる時代だったら、確かに売れる商品を持つ事は
ビジネスの勝敗を分けていたかもしれません。



でも今は断然

売れる商品<売れる力


です。


売れる力を持つ事の方が圧倒的に重要です。
割合で言ったら2対8もしくは、1対9くらいです。


それくらい売れる力を持つ事の方が重要です。


この事を勘違いしていると、自分のビジネスを持つ事はできません。



なぜなら、売る商品、売れる商品というのは、今の時代、わざわざ
自分で作らなくても、人の商品を販売していくらでも稼ぐ事は
できるからです。



逆に売れる質の高い商品を持っていても、売る力が無かったら、


"誰にもその存在を知らしめることができない。"

"誰にもその良さを伝える事はできない。"

"誰にも必要なものだと伝える事ができない。"


つまり意味が無いという事です。


世の中には優れた商品がたくさんあります。




売るスキルさえあれば、宝石だって売れるし、
健康食品だって売れるし、コーヒーだって情報だって
売れます。



モノを売るという行為は基本的には
人間心理、行動心理です。



何をどうすれば、人間は動くか?
このポイントを押さえれば、
商品が変わっても基本的には同じなんです。


これは一生モノのスキルです。



始めるのに遅すぎることはありません。


もし売れる商品の方が大事だと思っていたなら、
今から売れる力を身につければいいです。



もし売れる商品はあるのにという場合は売る力を
身につければいいだけです。


まだ自分のビジネスを始めていない人は"売る力"を
まず第一に身につければいいだけです。



その為にはまず、
①知識を身につける
②実践してみる
③結果を観察して修正する。

この繰り返しです。




売る知識をつけたいなら、
ダイレクトレスポンスの世界トップクラスの
コピーライターであるジェフポールのコースで学ぶのが
一番近道です。

この人は物でも情報でも何でも売る力を持っている、
アメリカダイレクトレスポンスマーケティングの権威中の
権威です。

今ならこの人のダイレクトレスポンスマーケティングの
秘密が50名限定で無料で見る事ができます。


クリック
ダイレクトレスポンスマーケティングのノウハウ




PS
売る力は一生もののスキルです。
今の商品は、新しい機能が搭載された商品には勝てません。

ダイレクトレスポンスマーケティングのノウハウ

スポンサーサイト
Copyright © AB型的生活 情報だけでやっていけるか. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。