スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番良いオンライン決済のサービスとは
独自アフィリエイトツール

今日は誰もが悩んでいるオンライン決済についてお話しよう。

これは本当にいろんな人から質問を受ける。

オンライン決済というとカード決済のことを指す場合が多いけど、
これに詰まる人が本当に多い。
実際、僕の周りでもたくさんの人が悩んでいるし、
決済の相談もよく受ける。


だいたい共通している悩みは


技術的な敷居が高いというのと
サービスがたくさんあってどれがいいのかわからない
審査というプロセスが面倒、


というのが主な原因なようだ。
審査は法人でないと通りにくい上に情報商材だとなおさら通りにくい。


ちなみに審査に関してはPDFなどのデジタルコンテンツではなく
CD-ROMなどの物販という位置づけにすると通りやすいようだ。


これに比べてインフォトップやインフォカートでは
画面に入力するだけで決済をとれるようになるので
非常に簡単に商品を販売できるようになっていた。


ところが最近これらのサービスで審査が導入されているようだ。
今まで画面に入力するだけで商品を販売できていたものができなくなったわけだ。


ところがこの審査というプロセスがない驚きの決済サービスがある。


ペイパルだ。


ペイパルは日本ではマイナーだが世界で最も使われている決済サービス。
使えるカードはVISAとMASTERだけだが、この2つがあれば基本的には困らないだろう。


さらに、お試し販売や月額課金の仕組みにも対応していて
初心者にとってこれ以上使いやすいサービスはない。


ただ、たとえペイパルで決済サービスを使ったとしても、
商品は売らないと売れない。


そう。
ホームページを立ち上げれば誰かが見に来てくれるという幻想を抱いているのとと同じだ。
売上を上げるためには「売る」という行為が必要だ。


そして「売る」ためにはマーケティングを行う。
要は集客だ。


そして、最も効果的な集客方法は
アフィリエイトとメールマーケティングだろう。


アフィリエイトで新規見込み客を開拓して、
メールで追撃するわけだ。


この仕組みを構築するにはランディングページというものが必要。
このページはコンテンツの続きを読みたくなるようにして
訪問者にメールアドレスの登録を要求する。


メールアドレスを登録するとセールスページが見れるようになるわけだが、
セールスページを見せるよりもむしろこのアドレスの取得が重要。
メールアドレスを登録しないような人はどうせセールスページを見せても反応しにくい。


こうしておくと
アフィリエイターが勝手に訪問者をランディングページに誘導して、
メールアドレスのリストを作ってくれる。


続きのセールスページで訪問者が買っても買わなくても
メールアドレスが残っているので、
メルマガで追撃ができるというわけだ。


さらに他の商品のオファーも可能だ。


DRMアフィリエイトはこの一連の流れを行うことができる
最強のソフトウェアだ。


DRMアフィリエイトを使って売上を上げることに興味があれば
こちらをクリックだ。
独自アフィリエイトツール
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © AB型的生活 情報だけでやっていけるか. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。